アジアン雑貨を取り入れてみませんか

近頃はエステサロンやスパなどでアジアン雑貨や家具などを取りいれているところも多く、アジアン雑貨や家具を目にする機会が増えました。

アジアン雑貨や家具の特徴は天然素材を生かした、素朴で温もりのある雰囲気にあります。
現代の生活の中で私たちの周辺には人工的な品々が溢れています。
便利で無機質なモノに囲まれているからこそ逆に自然を感じさせる素材でできたアジアン雑貨や家具などに深い癒しを感じるのかもしれません。

初めてのアジアン雑貨なら鏡

手軽に楽しめるアジアン雑貨のひとつに鏡があります。
アジアン家具の鏡はフレームに天然素材が使用されており、異国情緒たっぷりの装飾が施されていたりします。
アジアン雑貨には興味があるけれど、いきなり大きな家具を取り入れるのはちょっと不安に感じるという人なら、まずはじめに鏡などをインテリアに取り入れるところから始めるのがおススメです。
メインとなる家具なわけではないため取り入れやすく、それでいて部屋にアジアンテイストの雰囲気を感じやすいため、アジアン雑貨の入門には最も適していると言えるかもしれません。
現代日本のインテリアの中では、むしろ純日本風の和ダンスなどを置くほうが浮いてしまう可能性もあります。
でも、素朴な中にどこかエキゾチックな異国情緒を感じられるアジアン雑貨ならば現代的な部屋の雰囲気にも不思議にあってしまう独特の魅力があります。
鏡のようなそれほど大きなものではないアジアン雑貨の家具をまずは取りいれてみると、部屋の中で目立つのではなく、自然に部屋の雰囲気の溶け込むのがわかります。

純日本風の邸宅にも、洋風の部屋にも、モダンでシャープな雰囲気の部屋にも不思議にしっくりとなじんでくれるところがアジアン雑貨の魅力でもあります。
竹や籐、そして木などの自然素材を使った鏡のフレームは長年使用しているうちにだんだんと色や醸し出す雰囲気が落ち着いてきて年月がたつほどに愛着が増すのもアジアン雑貨の大きな魅力です。
西洋家具のロココ調の鏡のように華やかなデザインではなく、日本の鏡台のようにストイックなまでにシンプルなものでもなく、主張しすぎないけれど、置くだけで部屋の中に自然の息吹が感じられるような、まるで南の島のリゾートにいるようなどっかほっとするムードを持つのもアジアン雑貨の魅力です。
自宅をそよそよと気持ちの良い風が通り抜けてゆくような癒し効果の高いムードの部屋にしたいと思ったら、上手に取りいれてみたい、それがアジアン家具の魅力です。